ASA自由が丘のブログ

ASA自由が丘のブログは、朝日新聞、朝日小学生新聞、日刊スポーツ、雑誌などの取り扱い誌をご購読ご愛読のお客様に当店からのお知らせや読者サービス、スタッフ日記など身近な情報を感謝を込めて綴るブログです。

朝日新聞

ASA自由が丘です。


3.11 東日本大震災から5年が経とうとしています。

朝日新聞デジタルでは、「インスタグラム」を通じて全国の皆さまから写真とメッセージを投稿していただき、朝日新聞デジタルの特集ページ「#震災わたしはいま」で紹介しています。

震災を経験した人たちの思い、被災地に心を寄せる全国の人たちの思いをインスタグラムの写真とメッセージで表現していただき、その一枚一枚を特集ページで紹介中です。

※画像をクリックで特集ページへ。

震災わたしはいま

当時、私は九州にいました。

テレビに映された震災の状況は、どれも目を疑うものでした。
繰り返される「AC」のCM。
画面の中の揺れる映像。
同じ日本で起きていることでした。
いつもの景色が広がる自分の住む街を、ちゃんと見る機会になりました。


これらすべてもまた、わたしの見た「震災の姿」でした。


全国で被災地へ向けて物資の供給が行われ、その活動は今もなお続いています。

あなたが見たこの5年間の「一瞬」を写真とともに投稿してみませんか?


投稿に関する概要はこちらでご確認ください。

「震災わたしはいま」写真募集のご案内


3.11 震災・復興のページはこちら 



―3.11 まもなく5年です


ASA自由が丘

ASA自由が丘です。

朝日新聞朝刊で9月11日より連載してきました、『門』-夏目漱石 が3月3日で終了しました。

3月4日には「反響編」を掲載。
130通を超す手紙やメールが朝日新聞社まで届いたそうです。



また、「猫」に先立ち、3月9日からは短編「夢十夜」を再連載します。
「夢十夜」は、1908年の7月から8月にかけて朝日新聞紙上で10回連載されました。




そして、
4月1日からは『吾輩は猫である』の連載がスタートします!

朝日新聞では、【吾輩は猫であるノート】を販売します。
続きを読む

ASA自由が丘です。


朝日新聞デジタルを見ていると、このようなページへ飛びました!


『作家、池井戸潤。ニッポンを走る』

しかも、かっこいいAudiの写真と趣深い日本家屋

作家、池井戸潤。ニッポンを走る

洗練されたページデザイン。

『半沢直樹』 『下町ロケット』でお馴染みの池井戸潤。

「ニッポンを走る」という壮大さをイメージさせる、キャッチコピー。



いったいどんな特集なのだろう。。。

ページ冒頭には、

四季が織りなす豊かな風景を探して、作家・池井戸潤がアウディで全国を巡る旅。
その土地の旬の味と愛するゴルフを堪能しつつ、“とっておきの日本” を再発見します。


と。ふむふむ。

全Vol.9まで連載されており、1月16日に最終回を迎えました。

そして、お目見えするAudi毎回異なるタイプ!

車好きさん、かなりトキメクはずです★


Vol.1は宮崎。
 

続きを読む

ASA自由が丘です。

年末年始の新聞に関する
お知らせをさせて頂きます!


< 2016年1月1日の朝日新聞 >
元旦当日の朝日新聞は
1~5部の構成となっております。

第1部 本紙
第2部 ラジオ・テレビ
第3部 エンタメ
第4部 スポーツ
第5部 「???」当日のおたのしみ♪

なお、配達による購読をされていない方でも
ASA販売店でお求めになれます。
 
1部150円となります。
 
お近くのASAはこちら


<「be」と「GLOBE」>
◇土曜日お届け週末新聞「be」
1月2日は休刊
 
◇日曜日お届け「GLOBE」
1月3日 通常通りのお届け 



<その他の配達新聞について>
※画像は拡大できます。 
年末年始朝日新聞とその他の配達新聞について
休刊日はご迷惑をおかけしますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

また、2016年1月2日(土)は
朝日デジタルが読み放題!


2016年1月2日土曜日朝日デジタル読み放題


ASA自由が丘

ASA自由が丘、「受験の種」の時間です。

「受験の種」ロゴ


第4回は『 時事問題の対策 』について。
受験はもちろん、就職活動、日々の生活や人との会話でも十分にいかせる分野ですね。

今回は、 朝日新聞社 就活キャリアアドバイザー「篠原 真喜子」さんのアドバイスを参考にしてみたいと思います!

言うまでもなく、新聞は「時事の宝庫」
新鮮で正確な情報を掲載しています。

でも、新聞ってかたくて難しい…そんな印象が強いですよね?
どんな風に読んだらいいのかも分からない。
そんな悩みを解決しましょう!!

親子で読む朝日新聞


<解決 その1> 「新聞を読むのって難しい・・・」

続きを読む

↑このページのトップヘ