暑い日が続きますが、みなさまいかがお過ごしですか?
子ども達は夏休みで、にお出かけする方も多いでしょう。
熱中症や事故など合わぬよう、くれぐれもお気をつけて夏を満喫してください(^^)/

さて、前回に続き『東京から一番近い南国「八丈島」』についてご紹介します。

交通は空と海のルートがありますが(前回のブログ参照)、
今回は船の様子など、船旅のお話から始めたいと思います。

八丈島行きの船は、竹芝客船ターミナルから大型客船になります。
DSC_0221 (2) - コピー
こちらは3代目「橘丸」。
2014年に就航した比較的新しい綺麗な船です。
事前に乗船手続きを済ませておけば、午後22:00ごろから乗船できます。
IMG_20170823_221125 - コピー
さあ船へ乗り込みます。
午後22:30に出港します。
乗船したらまずはデッキにあがりましょう!
IMG_20170823_224505 - コピー
東京湾の夜景がとても綺麗です。
東京タワーとスカイツリー、レインボーブリッジが同時見えるんですよ(^^)
デッキ
夜景を見ながら乾杯!
しばらくすると横浜の夜景も見られます。
レストラン
お腹が空いたらレストランへ行きます。
オムライス、ピラフ、カレー類、ラーメン、そば、おつまみ、お酒類など、
メニューは充実しています。
IMG_20170825_122722
こちらは15食限定「明日葉そば」。
八丈名産の明日葉を練り込んだそばに、
カブツというこれも八丈名産の果物のスライスがのっていて、
早くも八丈島気分を味わえます!

さて、眠くなったら客室へ行きます。
2等室
(※東海汽船HPより)
等級によって客室が異なりますが、こちらは一番安い2等室。
チケットに印字された番号で自分の場所が決まっています。
枕は置いてあるので、寝るときは毛布を100円でレンタルして雑魚寝スタイルですね。

他にもベッドの部屋や、個室などもありますので詳しくは東海汽船HPをご覧ください。

八丈島行きの船は、翌朝5時に三宅島、6時に御蔵島を経由します。
この頃デッキにあがるとこんな綺麗な朝焼けが見られますよ。
朝焼け

思わず両手を広げちゃいますね!笑

IMG_20170825_094910
出港からおよそ10時間。
いよいよ八丈島が見えてきました。

船旅の様子はいかがでしたか?
今日のところはここまでにして、次回は島の名所などをご紹介します。
それでは、また続きをお楽しみに。