ロゴ


ASA自由が丘のご購読者へ折込みチラシで提供している連載企画「税金の知恵袋」を、ブログでご紹介。
専門家が直接教えてくれる「税金のいろは」で、楽しく税に関する知識をつけていきましょう!

 第5回「空き家の3000万円控除は使える!?」

(折込み5月1日掲載分)
1047346



近年空き家が増えてきたため、その対策として導入された「空き家の3000万円控除」のお話です。

親の相続が発生したあとに、親が住んでいた物件を売ろうとすると、通常ならば売却の利益に対して約2割の税金(所得税・住民税、5年超所有)がかかります。この制度を使うと、その利益から3000万円をひくことができるため、約600万円節税になりおトクです。

先日、お客さんがこの制度を使いたいと当事務所を訪ねてきました。600万円の節税を目指し、要件を満たすためにわざわざ解体業者に300万円支払い、家を取り壊してから売りました。

実はこの制度、要件が細かいのです。
・相続発生から3年目の年末までに売却すること
・亡くなった方がたった一人で住んでいたこと
・昭和56年5月31日以前に建築された戸建てであること(マンションは不可)
・原則として売り主が建物を取り壊して更地で売却すること

上記要件は全て満たしていたため期待が膨らみましたが、その他にも
・相続直前に老人ホームに入っていないこと
という厳しい要件があり、結局使うことができませんでした。

もうちょっとシンプルで使いやすい制度にしてもらいたいものです。

パイロット会計事務所 代表公認会計士・税理士 山田寛英
HP:http://pilotkaikei.jp/
TEL:03-6712-5969





 次回の知恵袋


第6回「家賃で儲かっているかは決算書より通帳を見よう」