ロゴ


ASA自由が丘のご購読者へ折込みチラシで提供している連載企画「税金の知恵袋」を、ブログでご紹介。
専門家が直接教えてくれる「税金のいろは」で、楽しく税に関する知識をつけていきましょう!


 第2回「今回の確定申告は『103万円の壁』のままです」
(2018年2月1日掲載分)


確定申告




毎年この時期になるとなんとなく頭が重くなる、そんな確定申告の時期になりました。

『103万円の壁』というのは、奥さんが旦那さんの扶養になっていて、
奥さんの年間の給料が103万円を超えると税金や社会保険料が上がってしまうので、
この金額を超えないようにセーブして働きましょうという壁です。

新聞の記事で「税制改正があって、この壁が150万円になりました!」
と最近よく目にします。
そのため、今回の確定申告(平成29年分所得税。申告期限平成30年3月15日まで)で、
奥さんの給料が150万円以下だったから旦那さんは配偶者控除(または配偶者特別控除)を38万円まるまる使えると思っている方がいますが、それは早とちりです。

150万円の壁になるのは平成30年分なので、来年3月の確定申告でのお話しです。
今回の確定申告では今まで通りのルールで、103万円の壁のままです。

このように、税制改正はいつから適用なのかがポイントですね。


パイロット会計事務所 代表公認会計士・税理士 山田寛英
HP:http://pilotkaikei.jp/
TEL:03-6712-5969





 ◆もっと詳しく!トクする個別相談会◆


『この半年で解決する!共有不動産の税務相談会』
日時:2018年3月18日(日)
主催:パイロット会計事務所 
会場:自由が丘住区センター第2会議室
(目黒区自由が丘1-24-12)

個別相談会
13:30~17:00

事前予約制・お問い合わせ
0120-500-110

※参加無料となっております。お気軽にご参加ください。
ご予約時は「ASA自由が丘のブログを見た」とお伝えください。


 次回の知恵袋


第3回「サラリーマン増税時代到来」