ASA自由が丘です。

映画『ファインディング・ドリー』が2016年7月16日に公開されたのをご存知の方は多いかと思います。

この公開を記念して、絵画コンクールが開催されました。

主催は
[朝日新聞社]と[ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン]です。



テーマ
「夏や海にまつわる家族との思い出・できごと」


全国各地から1,155点ものの作品が寄せられました。

最優秀賞の「ファインディング・ドリー賞」をはじめとする受賞作品と、入賞団体が決定しそれらの作品を拝見しました。


思わずトリハダがたつ作品ばかりです。


そして、絵画そのものが素晴らしいにはもちろんですが、作者の絵画に関するエピソードがとても心に染みるのです。

最優秀賞の『ファインディング・ドリー賞』を受賞した作品を紹介します。


ファインディング・ドリー賞

【 帰り道 】
 渡辺 志歩子さん
(19歳・一般の部/滋賀県)

ファインディング・ドリー賞「帰り道」

小学生の頃、母と夏祭りから帰るときにみえた花火です。
母の背中から見た花火は今まで見てきた花火の中で一番美しく感じました。
(渡辺 志歩子さんのコメント)
 

他の受賞作品も多く掲載されていますので、ぜひご覧になってください!


映画「ファインディング・ドリー」公開記念
「“忘れられない”家族の思い出」絵画コンクール

 「“忘れられない”家族の思い出」絵画コンクール結果発表