【 Episode6 自転車も車です 】 

-  自転車も車両の一種です 原則、左側通行をしましょう 
 
自由が丘はとても道が狭いです。
なのに、とても人通りが多いです。

車よりは、圧倒的に自転車の通行が目立ちます。
後ろにお子様を連れた方や、荷物を積んでいる方、高齢者の運転も見受けられます。

行き先は人それぞれ。
歩行者とはスピードの異なる自転車。

歩行者と接触しそうで、危ないな~と  
気づく 訳です。


警視庁も下記のようにホームページで公開しています。

【車道の左側通行が原則です】

 自転車が通行できない路側帯と通行できる路側帯 自転車は道路交通法上「車両」の一種と位置付けられています。そのため歩道と車道の区別があるところでは、車道通行が原則で、車道の左端に沿って通行しなければなりません。車道の右側通行は法律違反となるばかりではなく、正面衝突を起こすなど大変危険ですので、絶対にやめましょう。
 
 また路側帯を通行する場合も左側を通るようにしましょう。ただし、路側帯であっても、歩行者の通行の妨げになる場合や、歩行者専用路側帯は通行できませんので注意してください。


路側帯・・・歩行者の通行のため、歩道のない道路の路端寄りに設けられた帯状の部分
歩行者専用路側帯・・・白色の二本線の道路標示により区画された路側帯


自転車の交通ルール



ルールを守って、ひとりひとりが安全運転を心がけましょう!

「~かもしれない」を大事に。
危険予測を行いながら運転しましょうね。



ASA自由が丘