ASA自由が丘です。


朝日新聞デジタルを見ていると、このようなページへ飛びました!


『作家、池井戸潤。ニッポンを走る』

しかも、かっこいいAudiの写真と趣深い日本家屋

作家、池井戸潤。ニッポンを走る

洗練されたページデザイン。

『半沢直樹』 『下町ロケット』でお馴染みの池井戸潤。

「ニッポンを走る」という壮大さをイメージさせる、キャッチコピー。



いったいどんな特集なのだろう。。。

ページ冒頭には、

四季が織りなす豊かな風景を探して、作家・池井戸潤がアウディで全国を巡る旅。
その土地の旬の味と愛するゴルフを堪能しつつ、“とっておきの日本” を再発見します。


と。ふむふむ。

全Vol.9まで連載されており、1月16日に最終回を迎えました。

そして、お目見えするAudi毎回異なるタイプ!

車好きさん、かなりトキメクはずです★


Vol.1は宮崎。
 



「宮崎は神話の国である。」と始まっていました。 

その謎は、ぜひ本編をご覧になり解き明かしてください!

 宮崎1
写真:青島神社本殿前(作家、池井戸潤。ニッポンを走る より)


池井戸潤さんの、車に関する個人的な感性が書かれているのもみどころ!

大好きなゴルフを堪能し、その地の風土に触れ、美味を味わう。

作家としての感性が最大限に開放され、そこで届けられる私たちへのメッセージとは。


<全シリーズ一覧>

 Vol.1 神話の国のRS 6 Avant

 Vol.2 船に乗るな、潮に乗れ。

 Vol.3 フクシマ、闘う大地。

 Vol.4 加賀友禅のこころ

 Vol.5 京都、若手職人の心意気

 Vol.6 夏の、「了」。究極のクルマ。

 Vol.7 北の大地、不屈のフロンティア精神

 Vol.8 長崎。TTでビューン

 Vol.9 伊勢神宮、神への祈り 


作家、池井戸潤。ニッポンを走る2

(作家、池井戸潤。ニッポンを走る より)


ASA自由が丘